ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.08.13 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.04.28 Thursday

僕らがカフェに行く理由

 

最近「カフェ」に行っていない。

最後に行ったのは…と本気で考えても思い出せない位、

長い事「カフェ」に行っていない。

昔は「カフェに行く」という断固たる意思・目的をもって

山手線を乗り継いだり

「カフェでカフェラテを飲む」という欲望を抱き

東横線を乗り継いだり

「カフェdeお洒落」という空間にただただ酔いしれたく、

ただただひたすらに、

「カフェ」の事ばかり考えていたものだった。

「カフェエプロン」まで買った。


どうしてこうも「カフェ」のことで頭が一杯で、

そんなにも「カフェ」に行く理由があったのだろうか、と

今さっきシャワーを浴びながら考えてみた。



そして、「僕らが旅に出る理由」(byオザケン)の

「旅」の部分を「カフェ」に置き換えて歌ってみてはどうか?

ということで、早速試してみたところ、

非常に語呂がよく、歌いやすい。

ただし、「カフェ」に行く理由にはならない。



ところで、昔母から

「今、カヘぇでカへラテ飲んでまーす」

というメールが来て、訂正するのが面倒になった事を思い出したはいいが、


肝心のジャンネタを忘れた。


何を書こうとしていたのだっけか。





「それより、カテゴリーが は違うんじゃニャいか・・・?」











2011.01.18 Tuesday

ジャンボー 怒りの留守番

 


上州ゆめぐり号に乗って、湯治の旅いざ草津へ。


伊香保を過ぎてひと山ふた山越えて


広がる銀世界。


心穏やかにその景色を堪能。



気温 8℃


あ、間違えた、


気温 ―8℃


バスターミナルを出て、―8℃で冷やされた体を


おうどんとお蕎麦で温める。


温まった胃袋に、クラシックラガーを流し入れたら、用意は良い?


いざ、宿へ。




毎度お世話になりありがとうございます、草津ホテル様に到着。







風情がある、とはこのことか。






いやむしろ





このことかい?






はたまた、





こんなことかい?






目に入る風情が、心を和ませてくれて、


時におなら臭い湯畑が、私のおならを誤魔化してくれる。


そして、かぶれ放題の2人の皮膚を、無かった事にしてくれた、


草津に感謝。






がしかし、旅には付き物なのが


お留守番。


夫婦で感謝感激に浸っている最中、




ジャンボーは怒っていた。


ジャンバーは怒っていた。



「私1人を置いてくなんて!この怒り!どうしてくれる!」





爪出てる。(笑)



とは言え多少、腹時計が狂った程度で、


何事もなかった事は、本当に良かった。




本当に良かった。






2010.09.26 Sunday

おもてなしと留守番





先日の旅の模様を少し。

2年半ぶりの旅ということで、少し気合を。静かでゆっくり寛げる宿を探した。


山梨は石和温泉。


和穣苑へ。








寂れた温泉街、石和温泉の中でも段違いで風格ある宿。












お庭眺めるロビーでは、ビール・ワイン・ジュースをご自由にどうぞ、ってなもんで


風呂上がりは鈴虫の鳴き声と共にビールを。


ぷっはー。










部屋露天。こちらも24時間いつでもどうぞ、ってなもんで

お湯に浸かり、花村萬月を読みふけりビールやワイン流し込む。












食事も美味。見た目も美しく、料理が運ばれるごとに驚かされました。

これはお造り。氷の器。











和穣苑。何より「おもてなしの心」が随所に感じられる

素晴らしいお宿でございました。


また行きたいと、思います。




が。



こんな贅沢満喫な旅に、留守番はつきもの。










「あたしと旅、どっちが大事にゃの?」


と落ち込んだふりしているジャン様。





Powered by
30days Album
PR