ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 外欲旺盛 | main | 紙面デビュー果たす!が遅すぎる告知! >>
2013.08.13 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.06.19 Tuesday

かりそめシンデレラ

 
だいぶ間があいてしまった。

日記を書かない間に、まあ色々あった。

一カ月という期間だったが、

そうだなぁ、私にとっては…5年分は詰め込んだな。いや、10年分か…

それはそれは過密スケジュール。

パソコンはおろか、テレビを付けることも忘れ、

やるべき事に集中していた。

その「やるべき事」とは、様々な出会いが巡り巡って

私のもとにやってきた。

その中のひとつ、それは「ヘアモデル」という、

それもキャパ370人の本格的なショーという、

にわかには信じがたい事実。

1カ月で5キロの減量

過酷な食事制限

原則禁酒

毎晩欠かさず筋トレ

減らない贅肉をみては何度も挫けそうになり、

得体のしれない本格的なショーのステージを想像しては

「辞退します」と断ろうと思った。

そんなとき、先日行ったYUKIのライブ映像を思い出す。


インタビュアー「自分に限界を感じないんですか?」

YUKI「全然ないです(笑)」


わたしはビックアーティストでもなければ

プロのモデルさんでもない。

でも目標があって何かを成し遂げる人はプロアマ問わず

きっとこうなんだと思う。

一度決めた事。

自分が出来る最大限のことをする。

それが限界を作らないということなのだ。

というわけで自分の中の最大限でどうにか本番を迎え、

先週ようやく全てが、終わった。



衣装さんには冷たい視線で太ももをガン見され、ため息をつかれ(実話)

バックステージではプロのモデル(ロシア人)にいびられ(実話)

それはもう“地獄のバックステージ”。

しかしながら、ステージから眺める光景は

恍惚と輝き目を細めてしまうような、煌びやかな世界だった。

まさにシンデレラ。
(いじめがあるあたりも)



打ち上げという、これまた牴變錣覆覬磧蹐僕兇錣譴燭、

そこはシンデレラ。

都営地下鉄に乗って帰宅。

地元の居酒屋で日本酒とモツ鍋で、小さく打ち上げ。

やっぱりわたしはこっちの世界だ(笑)

「これからは旨い酒を好きなだけ飲めるぜ!」

というストレスフリー宣言も虚しく、

過酷な減量や非日常的ストレスのせいか、

終了後、風邪をこじらせ、気管支炎に発展した。

まったくもって、ひ弱。

当分は栄養とって体を甘やかそうと思う。




「母ちゃんはビリーばっかりやってて、全然遊んでくれなかった!」

ごめんね、ジャン。

ビリーが始まると、

こっそり寝室に逃げていたのは知っているよ(笑)



2013.08.13 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
キャ 久々の更新嬉しい!すごい〜〜〜モデル?どこかの美容院のショー?写真みたいよ〜〜〜
  • なお
  • 2012.06.19 Tuesday 18:10
なおさん
久しぶりしぎだよね。ようやくPCと向き合う時間ができた(会社休んでるだけ)
行きつけの美容院の企画で、業界関係者のみのセミナーショーだから誰も呼べず、
超アウェイ(泣)
写真撮る暇が本当になくて、まともな写真を貰ったらメールするね!
  • ジャン
  • 2012.06.19 Tuesday 20:37
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR