ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< これで、いいのだ! | main | ゴリラと初恋 >>
2013.08.13 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.05.28 Tuesday

今年もやって参りました。


ツイッターにラインにフェイスブック、
登録だけならタダだからなんつって、
使用方法もしらんくせにインスタグラムなるものまで始め、
目まぐるしいったらありゃしにゃいそがしー
と言いながら確実に視力低下の一途をたどり、
完全なるソーシャル症候群の予備軍と化し、
最後に読んだ本のタイトルも
ゆうべ風呂に入って寝たのかも思い出せず
ついでに言えばこのブログの放置っぷりがひどいです。


こんなに可愛いジャンの様子を正月以来お届けできなかったことを
お詫び申し上げます。


 
(少しみない間にこんなに美人になってしまいました)


最近のジャンちゃんといえば順調に
「地獄の換毛期」を迎えております。

猫と暮らす方なら誰しもご経験のあるこの

「地獄の換毛期」


冬の毛から夏の毛に抜け替わる時期で、
部屋中を猫毛が舞い、抱っこ・もふもふしようものならば
顔・体中が彼女の毛で覆い尽くされ、
布団から服から食卓から時にはお弁当箱の中にまで入り込み、
私たち人間をもわもわ地獄へと陥れ、
また張本人のジャンでさえも、
その舞い踊るマイ抜毛に反応し、しくしゃみ鼻水を垂れ流し、
また執拗に毛づくろった結果、毛玉を吐きまくり
家人はその掃除に追われるという
不快極まりない期間を言う。

とは言え、愛しいジャン子のためにも
これらを受け入れなければならず、
世界一嫌いなブラッシングを入念に行わなければならないのだ。

そしてこの際、使用するブラシが重要で、そんちょそこらのブラシでは
地獄の日々は抜け出せない。

我が家で採用しているブラシ、その名も


「ファーミネーター!」





ネーミング…(笑)


そう、まさにシュワちゃんのごとく
泣く子も黙る勢いでアンダーコート(不要になった冬毛)のみ
削ぎ取ってゆくのだ。

言わずもがな、ジャンにとっては大敵。


「頑張ってるね、我慢しようね、いい子だね、
ああ今日のジャンちゃんは世界一いい子だね、
上手にできてるじゃん、やれば出来るじゃん、
世界一のいい子ねー、さすがだねー」

と言うなだめも虚しく、
この鋼のファーミネーターに噛みついて対抗。

噛みつかれ、引っかかれながら、時には威嚇されながら、
私は心を鬼に、涙を堪えてブラッシングをする。

このファーミネータータイムさえ終われば
必ずおやつの鰹節がもらえると知っているので、
なんとかジャンも乗り越えようと頑張っている。

換毛期、もう少し続きます。





徐々に毛が減り、しゅっとしてきた。
後ろ姿が、何だか「女」に見える…。







2013.08.13 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR